[PR]

 6月に大阪で開かれる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に関連したビジネス会合「B20東京サミット」が東京都内であった。各国の経済団体や大企業の幹部らが一堂に会して産業政策を論じるなか、協同組合が代表団に加わる国もあった。

 B20の会合はG20前に催すことが慣例となっている。東京サミットは経団連が主催し、15日に中西宏明会長がG20に向けた提言を安倍晋三首相に手渡して閉幕した。

 仏代表団の一員には、欧州協同組合連合会長のジャン・ルイ・バンセルさん(64)の姿もあった。金融の協同組合を運営しており、預金者が自分の預金の融資先を選べる仕組みをつくり、再生可能エネルギーなど環境事業への融資を活発に行っている。口座数は1780で融資総額は22億円にのぼるという。

 東京サミットの主なテーマは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら