[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、富山県内からは北陸支部代表として4団体が出場。大学の部の富山大(打楽器五重奏)と職場・一般の部のムジカグラート氷見(クラリネット三重奏)が金賞に輝いた。中学校の部の入善町立入善西中(木管三重奏)と南砺市立福野中(打楽器五重奏)は銀賞を受けた。

 入善西中は井澗(いたに)昌樹作曲の「詩曲Ⅱ」を演奏。大切な存在を失った悲しみを題材にした曲で、繊細な音の表現に悩みながら練習を重ねたという。リーダーの坂井美月さん(2年)は「北陸のコンテストは、思うような演奏ができず悔いが残った。今日はそれを挽回(ばんかい)する、今までで一番の演奏ができた」と笑顔で話した。

 福野中は安倍圭子作曲「森の会話Ⅲ」に挑んだ。変化に富んだ森の情景を多彩な音で再現し、聴衆を物語に引き込んだ。リーダーの山田桃瑚(ももこ)さん(2年)は「難しい曲で練習は大変だったけど達成感があった」と話し、「本番は緊張しながらも、みんなで楽しめた」と笑顔をみせた。

 富山大は福野中と同じ曲を迫力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース