[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、愛知県内からは東海支部代表として2団体が出場。審査の結果、高校の部の光ケ丘女子高(管弦八重奏)が銀賞、中学校の部の日進市立日進中(金管八重奏)が銅賞を受けた。

 日進中はリチャーズ作曲の「ア・ラ・カルト」を演奏した。世界の料理が題材で、曲調や音程、リズムの変化が激しい曲。リーダーの小栗みつきさん(2年)は「全員が緊張していたけれど、目標の舞台に立ててうれしかった。私たちの音色や音楽を大切にしながら演奏できて、とても楽しかった」と笑顔で話した。

 光ケ丘女子高は長生淳作曲の「忘れがたみの丘」を披露。スウェーデンの世界遺産「森の墓地」をテーマにした難曲だ。リーダーの泉佳奈さん(3年)は「細かなリズムや音と音とのつなぎ目の表現に苦労して練習を重ねた。憧れのホールで自分たちの音楽を響かせ、楽しく演奏できてうれしい」と話した。(森泉萌香)

関連ニュース