[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、福井県内からは北陸支部代表として3団体が出場。審査の結果、高校の部の武生東高(クラリネット四重奏)と北陸高(打楽器八重奏)が銀賞を、職場・一般の部のソノーレ・ウインドアンサンブル(フルート三重奏)が銅賞を受けた。

 武生東はドゥファイの難曲「オーディションのための六つの小品」に挑戦。うねるような旋律や楽器同士の掛け合い、細かいリズムの刻みなどを一体感のあるサウンドで聴かせた。メンバーの1人、伏里(ふしさと)優花さん(2年)は「表現ではすごく悩み、真剣に取り組んできた。たくさんの参考演奏を聴き、周囲の意見に耳を傾け、4人で作り上げた音です」と振り返った。

 北陸はフランスのパーカッショニスト、セジョルネが作った「ソソバラ」を演奏。マリンバやビブラフォンの鍵盤に息を吹きかけるなどの特殊奏法にアフリカの太鼓の響きなどを絡ませ、多国籍な音を織り上げた。パートリーダーの佐藤理桜奈さん(2年)は「なじみのない楽器が多く、よい音を出すのに苦労しましたが、8人で最後まで演奏できてよかった」と話した。

 ソノーレは堀悦子作曲の現代音…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース