[PR]

 厚生労働省は18日、公的医療保険の保険者ごとのメタボ健診(特定健診)実施率を初めて公表した。未実施から100%まで、大きな開きがあった。ジェネリック(後発)医薬品の使用割合は30~90%台。医療費削減に向けて保険者の取り組みを促す狙いがあり、同省ホームページに結果一覧を載せている。加入者全体でみると、メタボ健診は5割、後発医薬品は7割だった。

 40~74歳が対象のメタボ健診については、自営業者ら向けの「国民健康保険」や企業の従業員向けの「被用者保険」など全3373保険者の2017年度実施率を調べた。健診を受けたのは加入者全体の53・1%。政府は23年度までに実施率を70%とする目標を掲げている。

 小泉進次郎・自民党厚労部会長…

この記事は有料会員記事です。残り181文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。