[PR]

 兵庫県尼崎市立中学2年の女子生徒(当時13)が2017年12月、「学校がしんどい」とメモを残し、自宅で自殺した。市教委の第三者委員会は、学校でいじめがあったうえ、複数の教諭が生徒のSOSを受け止めず、教諭の一人が誤解をもとに理不尽に叱責(しっせき)したことが自殺に影響したと認定した調査報告書を、18日に発表した。

 女子生徒の自殺後、いじめが疑われるのに学校側が「重大事態」のガイドラインに沿って対応せず、遺族の了解を得ずに生徒向けのアンケートを実施したことも批判した。

 市教委は同日会見し、いじめや教諭らの不適切な対応を認めて「感度が低かった」などと謝罪。関係者の処分を検討している。

 調査報告書によると、女子生徒は17年12月20日に自殺。「学校がしんどいです。もう無理です」などとメモを残していた。

 女子生徒は同年10月ごろ、クラス内で特定の女子グループから「きもい」「ぶた」と陰口を言われ、次第に「死ね」など攻撃的な悪口を直接浴びるようになった。12月には、部活動をめぐって部員らからもLINE(ライン)で一斉に誹謗(ひぼう)中傷された。第三者委はこれらをいじめと認定した。

 女子生徒は11月の学校のアンケートで「友達に嫌なことをされたり言われたりする」という質問に「すごく当てはまる」と回答。部活動も「嫌だ」と漏らしていた。だが担任は状況を聞き取らず、女子生徒が信頼していた部活動の元副顧問も受け流していたという。

 12月20日、部活動のトラブルを女子生徒が言いふらしていると思い込んだ学年主任に「口止め」され、さらに別の教諭が激しく叱責。女子生徒はこの日、帰宅後に自殺した。第三者委は「生徒は何度もSOSを出していたが、教諭らは耳を傾けることはなかった。理不尽な叱責を受け、学校そのものに絶望した」と判断した。(崔埰寿、飯島啓史)

【第三者委員会の調査報告書骨子】

・女子生徒は部活動の中で悪口や陰口を言われていたほか、クラスの一部からも継続的に悪口を言われるなどのいじめに遭っていた

・女子生徒は学校アンケートでSOSを発信したり、信頼していた教員にも打ち明けたりしたが、学校側は適切な対応をしなかった

・部活動でのトラブルを言いふらしていると誤解した教員が女子生徒を激しく一方的に叱責(しっせき)し、生徒をさらに精神的に追い込んだ

・自殺の背景にはいじめの精神的苦痛や孤立感、学校への絶望など複合的な要因があった

・生徒が自殺した後の学校や市教委の対応も不十分で、生徒へのアンケートや遺族への情報開示のあり方などに大きな問題があった