[PR]

 入居者10人が犠牲となった群馬県渋川市の高齢者施設「静養ホームたまゆら」の火災から19日で10年。犠牲者の多くは、東京都の生活保護を受けて暮らす身寄りのない困窮者。そしていまも都内から、群馬を含む地方に困窮者が紹介されてくる。あぶり出された実態は変わっていない。

 「身内もいないし、地図で見たら、近くにコンビニがあったので、ここでいいかと思った」。東京都の生活保護を受けながら、7年前から渋川市中郷のサービス付き高齢者住宅で暮らす男性(74)は、入居を決めた理由をこう話す。

 福島県郡山市出身。母子家庭で5人きょうだいの末っ子だった。20歳で上京、トラック運転手を経て建築現場のとび職に。40年余り続けたが、65歳を境に仕事が激減し、貯金も底をついた。住んでいた東京都大田区に生活保護を申請した。

 その直後にくも膜下出血で倒れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら