[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、静岡県内からは東海支部代表として3団体が出場。審査の結果、職場・一般の部のヤマハ吹奏楽団(金管五重奏)が銀賞、中学校の部の浜松市立開成中(金管八重奏)と大学の部の静岡大(クラリネット四重奏)は銅賞だった。

 開成中は内藤友樹に委嘱したオリジナル曲「ブレージング・ブリーズⅡ」を演奏。冒頭の音の爆発から中盤は一変して美しいメロディーをゆったりと歌い上げ、再びテンポを上げて着地した。チームリーダーでトロンボーンの榎土潤君(3年)は「激しい部分は浜松の祭りを、メロディアスなところは夕日をイメージしました。これまでで一番のできばえ」と話した。

 静岡大はファリャの「はかなき人生」を演奏。細かな音の粒をそろえ、伸びやかなハーモニーを会場に響かせた。リーダーの隈河良江さん(3年)は、「緊張もありもっとのびのび演奏できたらよかった。でも演奏は楽しくて、力を出し切りました」と話した。

 ヤマハはディロレンツォ作曲「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース