[PR]

 生き物の遺伝情報を効率よく変えられる「ゲノム編集」を使った食品について、厚生労働省の調査部会は18日、外部から加えた遺伝子が残っておらず、加えた変化も自然界でも起こりうるようなものなら、遺伝子組み換えに当たらないとする報告書を了承した。安全性審査も対象外とする。食品の品目や開発方法の国への届け出は、法的には義務づけないこととした。

 報告書は月内の食品衛生分科会で正式決定する。厚労省は今後、届け出で提供を求める情報や公開する内容などの詳細を決め、今夏にも都道府県などに通知し、それ以降にゲノム編集食品が流通し始める見通し。

 遺伝子組み換え技術を使った食…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら