[PR]

 東京高裁の岡口基一裁判官(53)が「犬の所有権をめぐる裁判」への見解をツイッターに投稿したことについて、この裁判の原告側の弁護士が18日、国会の裁判官訴追委員会に訴追請求状を提出し、受理された。会見した渡辺正昭弁護士は「岡口氏の投稿やネット上に広がった中傷で、原告の女性は深く傷ついた。岡口氏からはいまだに謝罪もない」と語った。

 岡口氏はこの投稿について、最高裁から戒告処分を受けている。訴追委も第三者の一般国民からの訴追請求をもとに、既に岡口氏から事情聴取している。

 岡口氏をめぐっては、女性が殺害された事件に言及した投稿に対しても、複数の訴追請求が出ている。この事件の遺族代理人は18日、遺族も訴追を請求しており、19日に訴追委の聴取を受けると明らかにした。