[PR]

 自民党新潟県連は18日、民主党政権で政務官を務めた無所属の鷲尾英一郎衆院議員=新潟2区=の入党を条件付きで容認する方針を決め、党本部に伝えた。鷲尾氏は近く入党する見通しで、二階俊博幹事長は同日の記者会見で「県連の意向を尊重しながら取り組んでいく」と述べた。

 県連は同区で鷲尾氏に敗れ、比例復活した自民の細田健一衆院議員が引き続き同区で活動することを条件に入党を容認。二階氏は「激突にならないような方向で処理していくのが自民党の知恵だ」と述べた。県連会長の塚田一郎参院議員は記者団に「(鷲尾氏については)新潟県全体で活動できる県連支部などを創設することを想定している」と説明した。