拡大する写真・図版 豊臣期大坂城の三ノ丸跡でみつかった大名屋敷とみられる大型建物跡。手前の低い場所に、大坂の陣に備えた武器工房などが設けられた可能性がある=大阪市中央区

[PR]

 豊臣秀吉(1537~98)が築いた大坂城の三ノ丸跡(大阪市中央区)で、大名屋敷とみられる大型建物跡がみつかった。大阪府教育委員会と府文化財センターが20日発表した。出土した家紋が入った瓦などから、秀吉配下の武将だった佐竹義宣(よしのぶ、1570~1633)の屋敷地との見方が強まっている。

 府文化財センターによれば、大型建物跡は東西約20メートル、南北約15メートルで、礎石の上に柱を据える構造。東に並んだ別の建物跡から、佐竹氏の家紋「扇に月丸紋」の瓦が出土した。いずれの建物ものちに撤去され、敷地内の低い場所に、杭を打って建てた簡単な建物群がつくられた。鋳型(いがた)に鉛を注いだ「鋳バリ」がついたままの火縄銃の玉もみつかり、豊臣方が大坂の陣(1614~15年)に備えた武器工房などがあった可能性も指摘されている。

 常陸(現在の茨城県)の武将だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら