[PR]

 東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている「クマのプーさん展」(朝日新聞社など主催)の来場者が10万人を超え、20日、記念のセレモニーがあった。金沢市の公務員、小林竜馬さん(32)と妻奈緒さん(29)、長女玲花ちゃん(9カ月)の一家に図録などが贈られた。

 奈緒さんは「昔からプーさんが好きで、子どもには絵本の読み聞かせをしています。(会場に再現された)棒投げ橋のコーナーで写真を撮るのが楽しみ」と話した。竜馬さんと玲花ちゃんは、プーさんの絵柄が入った靴下をはいて訪れた。自宅には、プーさんの絵本やおもちゃがたくさんあるという。

 展覧会は、クマのプーさんの原点となった挿絵原画など200点以上を、英国のビクトリア・アンド・アルバート博物館の所蔵品を中心に展示している。

 4月14日まで。一般1500円など。詳しくは公式HP(https://wp2019.jp別ウインドウで開きます)。