[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、岡山県内からは中国支部代表として高校の部に2団体が出場。審査の結果、岡山学芸館(木管八重奏)が金賞、明誠学院(金管八重奏)が銀賞に輝いた。

 岡山学芸館はジェイコブ作曲「ディヴェルティメント」。明るい曲調で、女子8人は澄んだ音色を重ねて軽やかに演奏した。バスーンを担当した岡部ひなさん(2年)は「全国に向けて細かいところをもっと高めようと練習してきた。ちょっと不安があったけれど、本番では自分たちの演奏ができて楽しめた」とほほえんだ。

 明誠学院は、高昌帥作曲の「金管八重奏曲」を披露。冒頭のファンファーレや、中盤の金管楽器の掛け合いが華やかな楽曲だ。昨年も同じ曲を演奏し銀賞。リーダーの影山裕太さん(2年)は「自分たちらしい演奏ができるように、イメージを共有してきた。緊張したけれど、楽しく演奏できた」と話した。(但見暢、森泉萌香)

関連ニュース