[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、兵庫県内からは関西支部代表として2団体が出場。高校の部の淳心学院中・高(打楽器八重奏)と中学校の部の西宮市立甲陵中(打楽器七重奏)は審査の結果、ともに銀賞に輝いた。

 淳心学院中・高はギリングハム作曲「ステンド・グラス」を演奏。教会のステンド・グラスが輝きを多彩に変化させる光景を、迫力のある打楽器の響きに澄んだ音色を重ねて神秘的に表現し聴衆を魅了した。部長の平野蓮さん(2年)は「8人の仲の良さを発揮でき、百点です。6人の中学生の頑張りが演奏の完成度を高めてくれた」と笑顔で感謝した。

 甲陵中は作編曲家の加藤大輝氏に作曲してもらった「称揚~神の山~」を演奏。山の噴火や、噴火が収まり静かになる様子を強弱をつけて表現した。ティンパニを担当したリーダーの田中花実さん(2年)は「今までの練習の集大成として、良い演奏ができました」と笑顔で話した。(但見暢、遠藤美波)

関連ニュース