[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、広島県内からは中国支部代表として3団体が出場。審査の結果、大学の部の広島大(木管三重奏)と職場・一般の部のNTT西日本中国吹奏楽クラブ(管打五重奏)が銀賞、中学の部の修道中(管楽八重奏)は銅賞を受けた。

 広島大はアーノルド作曲「ディヴェルティメント」。前半は軽やかに、後半は豊かな音色をゆったりと響かせた。リーダーの内田朋子さん(3年)は「3人の強みである明るい音色を発揮できる曲を選びました。すごく緊張したけれど全国の舞台を楽しめました」。3人とも笑顔いっぱいで演奏を振り返った。

 修道中はジェルヴェーズとアテニャン作曲「舞曲集」を選曲。リズミカルな序盤から優雅に変化していく旋律を細やかな音色を重ねて響かせた。リーダーの笹尾雅鷹さん(3年)は「めっちゃ緊張したけど楽しかった。ルネサンスのイメージをつかもうとみんなで踊ったり、意見を出し合ったりして作り上げてきました」と仲間に感謝していた。

 NTT西日本中国は、昨年サク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース