[PR]

 自民党栃木県支部連合会(県連)の複数の幹部が、県連の不適切な会計について報告を受けたと証言した。今年4月の統一地方選挙に向けて、党のイメージダウンを避けるために真相解明をせずに問題も公表しなかったとして、県連内部から疑問の声が出ている。

 「領収書 宛名なしが多数みられる/説明(事業名、期日、参加者など)がないものが大半」「支払い 二重払いがみられる」「支払い 個人の支払い分が計上されている」「支払い 領収書がないものがある」……。

 朝日新聞が入手した調査資料には、「自民県連会計」の「問題点」として10項目が例示されていた。

 複数の県連幹部によると、調査…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら