[PR]

 東京都中央区の日本橋室町にデジタルアートの「桜」がお目見えし、道行く人を和ませている。高さ8メートルの「桜の木」には約10万球のLEDが仕込まれており、葉の緑色や花の桃色などに色を変える。

 周囲の日本橋地区で始まった「日本橋 桜フェスティバル」の一環。米国の芸術祭で話題になったデジタル技術を使い、桜のイメージで構成した。「The Tree of Light―灯桜(ともしざくら)―」と名付けられ、一足早い春を演出している。点灯時間は午後4時から同8時。4月7日まで。(鬼室黎)