[PR]

 相模原市長選が24日告示され、新顔で前衆院議員の本村賢太郎氏(48)、新顔で前市議の宮崎雄一郎氏(52)、現職で4選を目指す加山俊夫氏(74)、新顔で前県議の八木大二郎氏(55)の4人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。今年をピークに人口が減少に転じるなど市が変革期にある中、現市政の継続か、刷新かが大きな争点になりそうだ。投開票は4月7日。

 本村氏は中央区の相模原駅デッキで出陣式に臨み、旧民主党系の国会議員らが応援に駆けつけた。淵野辺駅などでも街頭演説した。

 宮崎氏の第一声は相模原駅デッキで。学生時代の知人らが激励に訪れた。出陣式は中央区青葉2丁目の自宅横で行った。

 加山氏は緑区の橋本駅デッキで第一声を上げ、市議や市議選に出馬予定の新顔らが集まった。出陣式は中央区中央4丁目であった。

 八木氏は中央区横山3丁目の選挙事務所近くで第一声を上げた。陣営関係者らが参加した。この日は橋本駅などでも街頭演説した。

 選挙戦では、現市政に対する評価のほか、米陸軍相模総合補給廠(しょう)の一部返還地の活用策や、橋本駅近くに新駅ができるリニア中央新幹線建設に伴う街づくりなども争点となりそうだ。

 本村氏は「大規模開発は一度立ち止まって見直す」とし、世代交代を訴える。宮崎氏は日本航空で機長を務めた経験から「市政に民間の視点を」とアピール。加山氏は3期12年の実績を強調し「安全に安心して暮らせる地域社会を築く」と訴える。八木氏は「多選の弊害が顕著になっている」と現市政を批判している。(石平道典、須田世紀、田添聖史)