【動画】日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が退任する意向を表明した
[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致に絡む買収疑惑で、仏司法当局の捜査対象となっている日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が19日、東京都内で開かれたJOC理事会で退任する意向を表明した。竹田氏は「世間をお騒がせしたことを大変心苦しく思う。今期をもって役員の定年を迎える。JOCの将来を思うと次代を担う若いリーダーに新しい時代を切り開いていただくことが最もふさわしい」と述べた。国際オリンピック委員会(IOC)委員も辞任する。

 疑惑の当事者となっている竹田氏に対しては、20年大会組織委の関係者らから「東京大会のイメージを損なう」などと資質を問う声が高まっていた。

 01年に会長に就任した竹田氏は現在10期目。20年大会の招致委員会では理事長に就き、いまは大会組織委の副会長を務める。JOC会長としては今年6月に改選期を迎えるが、当初は「東京五輪までは竹田体制で」というのがJOC内外での既定路線だった。

 だが、仏当局が昨年12月、「東京招致が決まった13年に180万ユーロ(約2億3千万円)の贈賄に関わった疑いがある」として、竹田氏をパリで事情聴取したことが今年1月に入って判明。竹田氏を容疑者として本格捜査に乗り出した。

 竹田氏は「潔白」を主張しているが、この金が開催都市決定の投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収工作に使われた嫌疑がかけられている。

 JOC会長の後任には、同常務理事で全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏(61)の名前が挙がっている。