[PR]

 昨年4月から保険適用が始まった性別適合手術で、昨年末までに保険を使って手術したのは全国で3人にとどまっていることが、GID(性同一性障害)学会のまとめでわかった。ホルモン剤を使った治療に保険がきかず、併用すると「混合診療」になって手術も保険がきかなくなるという「制度の壁」があるためだ。

 岡山市で23日から始まる同学会大会で、理事長の中塚幹也・岡山大教授(産婦人科)が発表する。

 性別適合手術は「心の性」と「体の性」を合わせるため、卵巣や子宮、精巣を摘出する。日本では戸籍上の性別変更には、この手術を受けることが要件とされる。司法統計によると、性別を変更する人は年々増え、2017年は903人。これまでに、7千人以上が変更した。

 タイなど海外で手術を受ける人が多いとされるが、厚生労働省は国内でも医療環境が整ってきたことや、性的少数者が社会的に認知されてきたことを踏まえ、保険の適用を決めた。

 3人はすべて男性から女性に性別を変更するための手術。人数の少なさの背景には、制度上の問題がある。一般的に手術すると、性ホルモンが出なくなり、更年期障害のような症状が出るため、ホルモン剤を継続的に使う。

 いったん手術すると、もとの性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら