[PR]

 埼玉西武ライオンズが「SAVE(セーブ) LIONS」――。球団は19日、球団のシンボルで絶滅の危機もある野生のライオンを救う新プロジェクトを発表した。

 野生のライオンは、現在、アフリカで約2万頭にまで減っており、「絶滅すればマスコットでもあるレオやライナもいなくなってしまう」と居郷肇社長。

 主催試合での本塁打1本につき1万円を研究機関に寄付する。昨季の本塁打王、山川は「僕のための企画。打てばライオンが救われるので頑張りたい」。