[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、徳島県内からは四国支部代表として中学校の部に徳島市城東中の金管八重奏が出場し、銅賞を受けた。

 3年連続出場となる城東中は、ギリシャ神話の踊りを司る女神の名前を持つ「テレプシコーレ舞曲集」(プレトリウス作曲)から3曲を披露。響きのよいホールに、華やかで豊かなハーモニーを響かせた。

 リーダーの正木久琉美(くるみ)さん(2年)は「緊張して、それが音にもちょっと出てしまったけど、ホールの響きが想像以上によくて、楽しく吹けました」と話していた。

関連ニュース