[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に、鹿児島県内からは、九州支部代表として中学校の部に鹿児島市立桜丘の管打八重奏が出場し、金賞に輝いた。

 桜丘の8人は、「忠臣蔵」の名場面「南部坂雪の別れ」を題材にしたグラステイルの「坂雪の涙」を披露した。日頃あまりなじみのない江戸時代の物語だけに、なんとかイメージをつかもうと、歴史を調べたり、ビデオを見たりしたという。

 リーダーの瀬戸上真愛さん(3年)は「360度客席に囲まれたホールは初めてなので緊張しましたが、わくわくしながら吹けました」と話していた。

関連ニュース