【動画】関西の定番メニュー、とん平焼きの「発祥」とされる店を訪ねた=田中章博撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 手早くできて、ソースやマヨネーズをたっぷりぬる関西定番の、あの料理。発祥の姿をたどっていくと、日本人がロシアで見た料理がきっかけだったようです。

 食卓を囲んでいたある夜、とん平焼きが粉もんかどうかで、妻と議論になった。「豚肉をたまごで焼くから、粉もんとはちゃうやろ」と妻。たしかに、居酒屋では小麦粉の生地がないことが多いかも。

 日本コナモン協会長の熊谷真菜さん(57)に尋ねると、開口一番、「元々はめっちゃ粉もんです」ときっぱり。作り方が多様になってたまごで包んで焼く店が増え、粉もんのイメージが薄くなったらしい。

 実は、「発祥」とされる店がお初天神通り(大阪市北区)にあるという。「本とん平」を訪ねた。トライアングル型の変形カウンターの中に立ち、店主の山本寿恵(ひさえ)さん(66)がコテを握る。

 熱々の鉄板にひくのは小麦粉の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース