[PR]

 暴力団組長が刑務所に収容されないよう虚偽の診断書をつくり、大阪高検に提出したとして虚偽診断書作成・同行使の罪に問われた担当医の全栄和被告(63)の判決が19日、京都地裁であった。斎藤正人裁判長は「記載内容が事実に反するというには合理的な疑いが残り、虚偽であると認めることはできない」として無罪(求刑禁錮1年6カ月)を言い渡した。

 全被告は康生会・武田病院(京都市下京区)に勤務していた2016年初め、恐喝罪などで懲役8年が確定した指定暴力団山口組直系組長の高山義友希(よしゆき)受刑者(62)について、重い不整脈で重篤化が予測できるとする虚偽の診断書をつくり、同年2月に大阪高検に提出したとして起訴された。高検は1年間、刑務所収容を見送った。

 公判では弁護側が無罪を主張。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら