[PR]

 フランスのフィリップ首相は18日、反政権運動のジレジョーヌ(黄色いベスト)のデモに対する規制を強化すると発表した。パリ中心部のシャンゼリゼ通りなど政府が指定した場所では、暴徒が確認された場合、デモを解散させる。

 16日の抗議デモには暴徒が交じり、シャンゼリゼ通りの高級老舗カフェやキオスク、ブランド服飾店が放火や略奪に遭い、マクロン大統領が規制を強化する考えを示していた。治安悪化を防げなかったとして、パリ警視庁の警視総監も更迭する。

 シャンゼリゼ通りは11月にジレジョーヌ運動が始まって以来、毎週土曜にデモ参加者が練り歩く象徴的な場所。政府は、仏南西部ボルドーなど地方都市でも運動拠点となっている地区で同様の措置を取る。政府が禁じたデモに参加した場合の罰金も引き上げる。AFP通信によると、38ユーロ(約5千円)から135ユーロ(約1万7千円)にするという。(パリ=疋田多揚)