[PR]

 22日にJR四国が初めて公表した全18路線・区間別の収支は、同社の厳しい経営状況を裏付けた。2013~17年度の5年間の平均は、瀬戸大橋線(本四備讃線)を除く17路線・区間が赤字。同社と四国4県の知事らとの懇談会は、これまで目立った進展はなく、同社には議論を前に進める狙いもあるとみられる。(添田樹紀)

 JR四国によると、赤字額が年間平均で10億円を超えているのは、土讃線の高知―琴平間と予讃線の松山―宇和島間、徳島線(佐古―佃)の3路線・区間。予土線(北宇和島―若井)は9億円台、土讃線の高知―須崎間などは8億円台にのぼっている。

 100円の収入を得るのにいくら経費をかけているかを示す「営業係数」も公表。最も悪い予土線の1159円が突出しており、次いで牟岐線の阿南―海部間(635円)、予讃線の向井原―伊予長浜―伊予大洲間(547円)が続いている。いずれも、5倍以上の経費がかかっている。

 JR四国全体での赤字は109…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら