[PR]

 ヤマザキビスケットは19日、菓子「ノアール」「ルヴァンプライム」の一部商品に金属片が混入した可能性があるとして、計約14万8千個を自主回収すると発表した。

 対象はいずれも賞味期限が2020年1月。「ノアール(18枚入り)」は製造番号が「C05A107~414」「C06A107~413」「C11A107~415」のもの。

 「ルヴァンプライム ミニサンドチェダーチーズ味(50グラム)」は「C05A107~715」。「ルヴァンプライム 薄焼きサンドホワイトチェダーチーズクリーム(18枚入り)」は「C11A07~14」が対象。

 原材料の膨張剤を納入している宇部興産の製造設備が破損し、ステンレス製の金属片が混入した可能性がある。現時点で健康被害の報告はないという。

 問い合わせはヤマザキビスケットお客様相談室(0120・945・522)へ。平日午前9時~午後5時。今月中は土日祝日も受け付ける。