[PR]

 議員当選前にツイッターに「年金暮らしジジイを舐(な)めすぎ」などの不適切な書き込みをしたことで批判された青森市の山崎翔一市議(28)が今月、もう一人の無所属議員と共同で使っている議員控室で、スマートフォンを使って無断で録音をしていたことが19日までにわかった。議会関係者の聞き取りに対し、山崎市議は「スマホで録音したことは間違いない」と認めた上で、「防犯のためだった。盗聴の意識はない」などとしている。

 山崎市議と控室を共用しているのは無所属の橋本尚美市議。2人から聞き取りをした藤田誠副議長などによると、橋本市議が今月8日、来客前に控室のソファカバーを整えている時、ソファのすき間にスマートフォンがあるのを見つけた。

 波形が動いているような画面で、録音状態に見えたという。橋本市議が数日後に山崎市議に尋ねたところ、自分のスマホであること、録音していたことを認め「パソコン機器などが盗まれないよう防犯のためだった」と説明したという。

 共産党は山崎市議に対する議員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら