[PR]

 札幌市の「札幌コンサートホールKitara」で21日開かれた「第42回全日本アンサンブルコンテスト」(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に埼玉県内からは西関東支部代表として6団体が出場。審査の結果、埼玉栄(打楽器八重奏)が高校の部、伊奈学園OB吹奏楽団(木管八重奏)が職場・一般の部でそれぞれ金賞に輝いた。

 中学校の部では埼玉栄(打楽器八重奏)と朝霞市立朝霞第一(クラリネット四重奏)がともに銀賞。ほかに高校の部で伊奈学園総合(金管八重奏)、職場・一般の部でソールリジェール吹奏楽団(クラリネット四重奏)がそれぞれ銀賞を受けた。

 埼玉栄中が披露したのはギリングハム作曲「打楽器アンサンブルのための協奏曲」。力感にあふれメリハリもきかせた巧みな演奏で表現した。リーダーでマリンバを担当した渡辺百花さん(3年)は「笑顔でがんばっている姿を見ていただきたいと思ってステージに臨みました。このメンバー8人でやってこられてよかったです」と笑顔をみせた。

 朝霞市立朝霞第一中は阿部勇一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース