[PR]

 東京・市ケ谷の日本棋院で開催されている囲碁の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ2019(WGC)」は19日、準決勝が打たれ、日本勢でただひとり残る井山裕太五冠(29)は世界最強の中国の柯潔(かけつ)九段(21)に逆転負けを喫し、決勝進出を逃した。柯は20日の決勝で大会2連覇中の韓国の朴廷桓(パクジョンファン)九段(26)と対戦する。

 井山は序盤から積極的に打ち回して優位を築いた。柯は中盤に勝負手を連発して追い込みを図り、難解な局面で井山に疑問手が出て形勢が逆転した。

 柯は2015年から毎年世界タイトルを獲得している最強棋士。井山は一昨年の「LG杯」準決勝で柯を下しており、今回はそれ以来の対戦だった。LG杯準優勝に終わった井山は、今大会で日本勢14年ぶりの世界タイトル奪還をめざしていた。

 井山は「チャンスの多い碁だったが、結果につながらず残念。今大会は最近の自分としてはよく戦えた。次の機会に生かしたい」。柯は「苦しい局面が多く、途中で諦めそうになった。勝てたのは運がよかった」と話した。(大出公二)