[PR]

 笹川スポーツ財団は19日、昨年の7~8月にかけて実施した「好きなスポーツ選手」調査の結果を発表した。フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が初の1位で、2位には大リーグ・エンゼルスの大谷翔平、3位は同じくマリナーズのイチロー、4位はテニスの錦織圭(日清食品)、5位はフィギュアスケートの浅田真央さん、と続いた。

 この調査は2002年から隔年で行われている。全国300地点で、18歳以上の男女3千人が対象。羽生は前回16年の調査では4位だった。同財団は、平昌冬季五輪での活躍が順位を押し上げたとみており、特に女性からの支持が高かったという。

 大谷は男性で2位、女性で4位と性別を問わず人気が高かった。イチローは高年齢者からも支持を集めており、担当者は「長く現役を続けていることで、その生き方も尊敬されているのでは」と分析している。

こんなニュースも