[PR]

 いしかわ動物園(石川県能美市徳山町)と県は19日、国の特別天然記念物・ニホンライチョウのオスの成鳥1羽を富山市ファミリーパークから受け入れることが決まったと発表した。昨年12月にはメスの成鳥1羽を上野動物園(東京)から受け入れており、今後繁殖をめざす。

 県自然環境課によると、受け入れが決まったのは、2016年6月に北アルプスの乗鞍岳で採卵し、富山市ファミリーパークで生まれた2歳のオス。今月25日に移送予定で、4月には透明な仕切り板越しにメスと対面させる「お見合い」を実施し、様子を見ながら繁殖に取り組むという。順調なら、5月か6月に産卵が期待できるとしている。(伊藤稔)