[PR]

 選挙公約で、女性の活躍を推進する政策やキャッチフレーズを目にすることは珍しくなくなった。今回の統一地方選前半の41道府県議選では女性の当選者が過去最多の237人に達したが、定数に占める割合は10・4%に過ぎない。女性の起業家からは政治の現状はどう見えているのだろう。

 子連れで離婚、シングルマザーになった私は起業した――。家事代行サービス「アクションパワー」(名古屋市)の会長、大津たまみさん(48)は「女だから」「母親だから」と貼られたレッテルや重荷をバネにビジネスを立ち上げてきた。

子を抱え就活

 《「子どもがいるのに出張できるの?」「子どもが急に病気になったらどうするの?」》

 《離婚した直後の2005年ごろでした。子どもを抱えた就職活動で20社あまりの面接を受けましたが、面接官から投げかけられた言葉を今も覚えています。》

 1995年に結婚。夫の独立、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら