[PR]

 生で楽しむものだった舞台公演が、映画館で見られるようになっている。大画面に映し出される宝塚歌劇やコンサートは、迫力の音響システムもあって臨場感たっぷり。ライブビューイングは、チケット争奪戦に敗れたファンの救世主になるだけでなく、映画館ならではの「お得感」も味わえるようで……。最新事情を探った。

 宝塚歌劇団のスターの美声が、全国の映画館に響き渡った。2月10日夕、東京宝塚劇場であった雪組「ファントム」千秋楽のライブビューイング。宝塚歌劇の担当記者も友人らと一緒に観賞した。

 オーケストラの演奏にのって、スクリーンの中央にトップスター望海風斗(のぞみふうと)が登場した。全身を映していたカメラが、歌う望海の顔にどんどんズームアップしていく。まつげ一本一本まで見えそうな鮮やかさに、思わず「美しい……」と声をもらした。

 客席に背を向けたときのスターの横顔も、カメラは逃さず捉える。公演なら劇場内の限られた席でしか見られない貴重な表情に、「こんな演技をしていたのか」という発見があった。

 カーテンコールでは、映画館の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら