紀平「そのしゅん間、私は変わった」 文集に込めた思い

有料記事

大西史恭
[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権で、16歳の紀平梨花(関大ク)が日本女子初の初出場優勝をめざす。兵庫県西宮市立大社小学校を卒業するにあたって書いた文集には「夢に向かって」というタイトルの文章が寄せられている。

 紀平は幼稚園のころ、神戸市のリンクで開かれていた短期のスケート教室で初めて氷に乗った。現在の浜田美栄コーチに指導を受けるようになったのは小学5年のころ。文集は、小学生時代の近畿選手権で3位になった場面から書かれている。

 「そのしゅん間、私は変わった。大きく成長した」「近畿大会という、あの大きな舞台で3位をとれたことが、私の心を大きく変化させた。その時、私にとって明るい未来が見えた気がした」

 小学生のときからスケートに…

この記事は有料記事です。残り543文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]