[PR]

 JOCの理事会は、いつも通り報道陣に公開され、記者約80人が見守るなか、淡々と議事が進んだ。竹田氏が会長退任を表明したのは、1時間40分ほど経った会議の最後だった。

 「今回、世間をお騒がせしたことを心苦しく思っている。自分の進退について慎重に考え、決断として次代を担う若いリーダーにJOCを託すことが最もふさわしいと考えるに至った」

 発言は5分間。JOCが入る岸記念体育会館の閉庁時刻に重なり、窓の外では、日の丸が掲揚台をするすると下りていった。

 理事らが次々に発言を求めた。

 「今までの経験を生かしていただくことが2020年東京五輪の成功に不可欠だと思います」。1988年ソウル五輪のシンクロナイズド・スイミング銅メダリストの小谷実可子さんは涙ながらに、名誉会長への就任を提案した。

 柔道女子の山口香さんは「竹田体制で2020年まで行くつもりであったのなら、定年制についてもっと早く理事会で話し合って、(延長を)やれなかったのが残念だ」と声をあげた。竹田氏は唇をかみしめ、涙をこらえているように見えた。

 理事会の後、竹田氏は記者の囲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら