【動画】日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が退任する意向を表明した
[PR]

 JOCの竹田恒和会長が19日の理事会終了後、報道陣の取材に応じた。1月に開いた記者会見は、7分あまりで質疑に応じなかったことで批判を招いた。この日は、冒頭に退任の理由を説明し、質疑応答を含めて約16分間、対応した。

 竹田会長は冒頭、「来年の東京大会を控え、世間をお騒がせしたことを大変心苦しく思っております。私はJOCの将来のことを思うと、次代を担う若いリーダーにJOCを託して、東京五輪を通じて日本の新しい時代を切り開いてもらうことが、もっともふさわしいという形に思いがまとまりました。つきましては定年を迎える6月27日の評議員会をもちまして、任期を終了し、退任することといたしました。さきほどそのように理事会でも説明したところであります」と退任の理由を説明した。

 主な質疑応答は以下の通り。

 ――退任する意向を固めたのはいつか? IOCのバッハ会長には伝えたか?

 「退任、定年を迎える前でありましたし、このことは慎重に考えていた。早いうちに自分で決めており、この日にお話しすることにした。バッハ会長には、何回も直接、連絡しておりますし、昨日も一昨日も電話で話しております」

 ――1月に開いた会見は、批判が集まった。

 「あの時は、私からみなさんに早くお伝えするべきだと思い、記者会見をするよう考えて指示を出しました。多くのことを語り、質問にも答えるつもりでしたが、いろいろな方の意見で質疑には応じないと決まりましたので、私としては不本意な形で終わって誤解をお招きしたことは、大変残念だった。現在、フランス当局の捜査中ですので、影響あることをお答えすることはできないと思っております」

 ――2020年まで竹田さん体制でいくことはJOCの総意だった。なぜ後進に道を譲るべきだと?

 「定年を迎える、この日に、五…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら