[PR]

 将棋の第27期銀河戦(囲碁将棋チャンネル主催)の本戦トーナメントにアマチュア代表として出場した将棋講師の折田翔吾さん(29)=大阪市阿倍野区=が、プロの棋士に7連勝する快挙を果たした。

 折田さんは19日に放送された対局で、窪田義行七段(46)を破った。朝日新聞の取材に対し、「1勝はしたいと思っていたが、流れに乗れた。逆転勝ちもあったので、出来過ぎだと思う」と話した。今回の銀河戦本戦トーナメントでは、アマの木村孝太郎さん(19)=滋賀県草津市=も4連勝している。

 折田さんは棋士養成機関「奨励会」で、プロ入り一歩手前の三段にまでなった実力を持つ。アマとして出た大会で好成績を収め、銀河戦の出場権を獲得した。本戦トーナメントは八つのブロックに分かれている。折田さんは、1回戦から順に神崎健二八段(55)、瀬川晶司六段(48)、三枚堂達也六段(25)、今泉健司四段(45)、堀口一史座(かずしざ)七段(44)、豊川孝弘七段(52)に勝った。次の対戦相手は野月浩貴(ひろたか)八段(45)。自身が出場するAブロックで最多勝利者となることが確定しているため、16人で争う決勝トーナメントへの進出を決めている。

 銀河戦では2000年に、当時アマだった瀬川六段が7連勝を達成したことがある。(村瀬信也