[PR]

杉本昌隆八段の「棋道愛楽」

 その1年で功績を残した棋士に与えられる日本将棋連盟の「将棋大賞」。第46回の受賞者が発表され、藤井聡太七段は記録部門で最高勝率、選考部門で「升田幸三賞」を受賞しました。

 「新手一生」を掲げて数々の新手や新構想を編み出した昭和の名棋士、升田幸三・実力制第4代名人にちなんで創設された賞。アマチュアにも受賞の可能性があるところも特徴です。

 選考理由となった藤井七段の手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら