[PR]

 埼玉県を強烈にディスる映画「翔(と)んで埼玉」が大ヒットしています。観客動員数は150万人、興行収入は20億円を突破。私も見ましたが、たしかに面白い。これって、お役所的にはどうなのでしょう。埼玉県出身の大学生と一緒に、県庁職員に話を聞きました。

 取材に同行した津田塾大学3年の大奈良千夏さんは、生まれも育ちもさいたま市。大学で他県出身者と話すようになって、初めて「ダサイタマ」と言われていることを知ったそうです。「県自身が、ダサいイメージとどう向き合っているのか気になります」

 応じてくれたのは、埼玉県広聴広報課の小林直樹さん。埼玉の魅力発信がお仕事です。

 「埼玉の何がダサいのかがわか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら