[PR]

 米財務省は19日、政情不安が続く南米ベネズエラの国営金鉱山会社「ミネルベン」と同社の社長を経済制裁の対象に追加した。トランプ政権はすでに国営石油会社も制裁対象にしており、マドゥロ政権への退陣圧力を強めている。

 財務省は声明で「正統性のないマドゥロ政権がベネズエラの富を略奪している」とし、「国民の犠牲の下、マドゥロらは私腹を肥やしている」と批判した。米国は、反マドゥロ派のグアイド国会議長を暫定大統領と承認して支持。マドゥロ政権の資金源を断つため、経済制裁を相次いで科している。

 トランプ大統領は19日の会見で「まだ制裁は最強になっていない」とし、制裁を拡大する方針を強調。さらに、軍事介入についても「全ての選択肢が可能だ」として排除しなかった。(ワシントン=杉山正)