「電通スポーツ局の役職者」に経緯を聞け 五輪招致疑惑

有料会員記事

[PR]

招致疑惑 竹田氏自ら解明を 編集委員・稲垣康介

 この1カ月、「マスコミ辞令」で外堀が埋められていく現実を目の当たりにした。

 来夏の東京五輪まで続投という既定路線から一転、日本オリンピック委員会(JOC)会長を6月で退くことを19日に表明した、竹田恒和氏を巡る報道のことだ。

 私は以前、71歳の竹田氏は「選任時70歳未満」の規定に従い、五輪を待たずに後進に道を譲るべきだと提言した。五輪招致の不正に対する嫌疑についての対応のまずさにも、苦言を呈した。だから、退任という結果に異論はない。

 一方、竹田氏に不正疑惑の責任を押しつけて収拾を図るかのような周囲の世論醸成のムードには怖さも覚えた。共同通信が「複数の関係者への取材」に基づき、「竹田会長の退任論浮上」と配信。その後、国際オリンピック委員会(IOC)も竹田氏の早期辞任を求めているという大会組織委経由の情報が広まり、NHKの「退任不可避」報道がとどめを刺した感がある。

 五輪招致疑惑には長年付き合っている。

 20年前の3月、私は長野県小諸市にいた。長野冬季五輪の招致疑惑を調べるJOC調査チームに同行していた。サマランチIOC会長(当時)に美人画を贈った画家の自宅での聞き取り調査の後、のちにJOC会長となる八木祐四郎座長は総括した。

 「わいろ性は全くない。日本…

この記事は有料会員記事です。残り1162文字有料会員になると続きをお読みいただけます。