[PR]

 東京電力福島第一原発事故からの避難者であることを周囲に隠してきた福島県出身の16歳の少年が20日、バチカン・サンピエトロ広場でフランシスコ法王と面会した。今年11月に来日予定の法王に「福島に足を運んで、原発事故被害者のために祈ってほしい」とお願いすると、法王は少年の手を握って「行きます」と答えたという。

 鴨下全生(まつき)さんは8年前、福島県いわき市で被災した。自宅は避難指示区域の外だったが、放射線量の高さを心配して、家族で都内に自主避難した。

 転校先で待っていたのは、原発事故を理由にしたいじめだった。「菌」と呼ばれたり、暴力を振るわれたり。9歳ごろの願い事に「天国に行きたい」と書いたこともあった。

 中学に進学してからは、避難者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら