[PR]

 南から暖かい空気が流れ込んだ影響で20日、東北から西日本の広い範囲で気温が上がった。東京都内も春の陽気に包まれ、街ではコートを脱いで行き交う人の姿が見られた。

 気象庁によると、東京都心はこの日正午までに、19・8度まで気温が上がった。予想最高気温は5月上旬並みの22度で、平年と比べて8度ほど高いという。日中の関東地方は青空が広がり、埼玉県熊谷市で22度、さいたま市や横浜市などでも21度まで上がると予想されている。

     ◇

 長崎地方気象台によると、20日午前、桜(ソメイヨシノ)の開花が観測された。全国で最も早いという。

 長崎市南山手町の気象台の敷地内にある標本木で開花を確認した。平年より4日早く、昨年よりは3日遅いという。