[PR]

 勤務先の医療法人から多額の現金を横領したとして、愛知県警が無職の小崎啓子容疑者(66)=愛知県日進市=を業務上横領の疑いで逮捕したことが20日、捜査関係者への取材でわかった。県警は、小崎容疑者がネットを通じて知り合った外国人の男に「貢ぐ」ために、横領事件に関与した疑いがあるとみている。逮捕は13日付。

 捜査関係者によると、この医療法人では、小崎容疑者が経理担当として在職していた昨年11月から数カ月の間に、1億円以上にのぼる使途不明金が出ているという。県警は不明金の行方について確認を進めている。

 捜査関係者などによると、逮捕容疑は、昨年12月と今年1月、当時勤めていた名古屋市内の医療法人から、2回にわたり計1千万円を着服したというもの。容疑を認め、「恋人がお金に困っていたために助けたかった」という趣旨の説明をしているという。

 小崎容疑者は、横領した1千万円のほかにも、数百万円以上を複数回にわたって、ネット上で知り合った外国人をかたる男性名義の口座に振り込んでいた。県警は、小崎容疑者が最近、被害が増えている「国際ロマンス詐欺」に遭い、金をだまし取られていた可能性もあるとみている。

 医療法人によると、小崎容疑者は経理担当者として約20年間勤務。横領が発覚した2月下旬に退職している。

■被害者に多いのは「40代以上…

この記事は有料会員記事です。残り561文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り561文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り561文字有料会員になると続きをお読みいただけます。