[PR]

 高性能爆薬を製造したなどとして、爆発物取締罰則違反など七つの罪に問われた元大学生の少年(19)に対する裁判で、名古屋地裁(神田大助裁判長)は25日、懲役3年以上5年以下(求刑懲役3年以上6年以下)の判決を言い渡した。

 少年は2016年12月~18年8月、自宅で高性能爆薬の過酸化アセトン(TATP)や四硝酸エリスリトール(ETN)を製造・所持し、公園でTATPなどを燃焼させた。ほかにも3Dプリンターを使うなどして銃1丁を製造・所持したり、覚醒剤を作ったりしたとして起訴された。

 裁判で少年は「燃え方や爆発現象に興味を持った」と供述。海外のインターネットサイトで調べるなどして、爆発物や爆薬、銃を製造したと説明した。人に危害を加える意図はなかったとし、事件当時の心境を「あとのことを考えていなかったと思う。ばれなきゃいいと考えていた(と思う)」と振り返った。

 懲役刑を求刑した検察側に対し、弁護側は「重大な被害も発生していない」などと主張。保護処分が相当として、家裁への移送を求めていた。