[PR]

 沖縄県内で宿泊料金が1泊2万円未満なら200円、2万円以上なら500円の宿泊税を課すとの案を、県が設けた検討委員会がまとめ、20日に県に提言した。今後、県庁内で協議し、条例作りや総務相との協議が必要だが、提言は「可能な限り早期に導入する必要がある」とした。

 東京都などの先行例を参考に、観光リゾート地として発展することをめざし、県民の生活と調和した観光振興に充てることを目的とする。県内のホテル(ビジネスホテルや民泊も含む)に宿泊する人が対象だが、修学旅行の生徒や引率の先生は除く。下地芳郎・琉球大教授ら11人が昨年9月から検討してきた。

 県観光政策課によると、沖縄県では2010~13年度に観光目的税の導入を検討したが、観光業界が反対し実現しなかった経緯がある。