[PR]

 モンデリーズ・ジャパンは、クラッカーブランド「リッツ」から、スナック菓子「リッツ ベイクドチップス ソルト&ブラックペッパー」を売り出した。おなじみのリッツの軽い食感は残しつつ、サクサクしたクラッカーとは印象を変えて、ぱりっとしたスナック菓子に仕立てた。

 リッツクラッカーは1934年に米国で誕生した。日本では1971年に発売。油を使わずオーブンで焼き上げるという手法は同じだが、小麦粉に加えてポテトフレークをたっぷり使っている。

 35g入りで、参考小売価格は税抜き140円前後。18日に発表会を開いた同社のガネッシュ・カシャップ社長は「クラッカーよりスナックの方が市場は大きい。リッツの常識をくつがえす今回の商品についても、クラッカーと同様に、日本人に愛されるようにしていきたい」と話した。